このページの本文へ移動

文字サイズ

背景色の変更

メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 前田夕暮記念室

前田夕暮記念室

図書館2階の前田夕暮記念室は、ただいま展示替えのため閉室しております。

再開の日程については、あらためてホームページでお知らせいたします。

 

前田夕暮の活動

若い夕暮の写真

前田夕暮は1883年(明治16年)、神奈川県大住郡南矢名村(現、秦野市南矢名)に生まれました。本名は洋造(洋三とも書く)といいます。夕暮は1904年(明治37年)3月上京、尾上柴舟に入門し、1910年(明治43年)処女歌集『収穫』を刊行し、同じ頃(すぐ1か月後)『別離』を出した若山牧水とともに自然主義の代表歌人として注目され「夕暮・牧水時代」と称される一時代を文学史上に画しました。白日社を興し短歌雑誌「詩歌」を毎月発行、三木露風、山村暮鳥、斎藤茂吉、室生犀星、萩原朔太郎、高村光太郎その他の詩人や歌人に活躍の場を与え、多くの歌人たちを育てています。

また、北原白秋との交友の中で1924年(大正13年)4月から1927年(昭和2年)11月まで、雑誌「日光」の刊行に尽力し、多くの口語短歌や散文を発表しています。

夕暮は上京以来、再びこの地に住むことはありませんでしたが、秦野を深く愛し、ふるさとや丹沢の風景を多く詠っています。

昔の秦野の風景写真(遠景)

1928年(昭和3年)『詩歌』を復刊。やがて、口語自由律短歌を開拓し、その中心になる。
1943年(昭和18年)61歳で文語定型短歌に復帰。
1951年(昭和26年)4月20日、69歳で逝去。

夕暮と彼の妻の写真

昔の秦野の風景写真

中年の夕暮の写真

前田夕暮記念室

歌碑の写真

当図書館は、1985年(昭和60年)11月に現在の場所に新築・移転しました。この時から、郷土出身の歌人、前田夕暮の功績を称え、資料を収集、展示することで短歌の普及発展に寄与することを目的に「前田夕暮記念室」が設置され、後に歌碑も建立しました。

記念室では、夕暮直筆の掛軸、原稿、書簡、著作、主宰雑誌、写真等を収集し、その一部を展示しており、夕暮の文学の一端に触れていただけるようになっています。収蔵品の基礎は、弟子で歌人の香川進氏から寄贈を受けたものですが、現在も折に触れて、資料の収集に努めています。

収蔵品「紫外線」の写真展示物(本)の写真1

展示物(本)の写真2

記念室の事業は、郷土文学叢書を刊行し、郷土の文学者の普及に努めるとともに「夕暮祭短歌大会」と、市内の小学生から中学生までを対象に短歌を募集し、優秀作を表彰する「夕暮記念こども短歌大会」を毎年開催しています。この子どもたちの優秀作品を2年毎に100首を選び『秦野こども百人一首』としてまとめ、刊行していました。

・『秦野こども百人一首』 巻一(昭和62年・63年)から巻十二(平成21年・22年)まで刊行しました。これ以降は、『夕暮記念こども短歌大会 入賞作品集』を毎年刊行しています。

前田夕暮生誕130年記念 前田夕暮ブックカバー

2013年(平成25年)が夕暮の生誕130年の年にあたり、これを記念して、「前田夕暮ブックカバー」を作成しました。

画像をダウンロードし、プリントアウトしてご利用ください。

「前田夕暮生誕130年記念 前田夕暮ブックカバー」ダウンロードはこちら

秦野市市制施行60周年・図書館開館30周年記念 前田夕暮ブックカバー

秦野市は、1955年(昭和30年)1月1日に、秦野町、南秦野町、東秦野村、北秦野村の2町2村が合併し、誕生しました。その後、同年4月15日に大根村(真田地区を除く)が、また、1963年(昭和38年)1月1日には、西秦野町が加わり、現在の秦野市となりました。

図書館は、1985年(昭和60年)11月に本町地区から現在の場所に新築・移転してから今年で30周年を迎えます。

これらを記念して、「前田夕暮ブックカバー」を作成しました。
画像をダウンロードし、プリントアウトしてご利用ください。
弘法山の前田夕暮歌碑の写真を使用しています。

ダウンロードはこちら

「夕暮のさと」、「谷鼎歌碑めぐり」

秦野市内には、郷土の歌人 前田夕暮の歌碑等が11基、谷鼎の歌碑が4基あります。
図書館では、歌碑めぐりや吟行会等に利用していただくため、歌碑マップを作成しています。

ダウンロードはこちら

前田夕暮生誕130年記念 資料特別展「前田夕暮の生涯」

生誕130年にあたる2013年は、図書館で所蔵している資料のほか夕暮研究者の方からも資料を借用し、夕暮の文学活動を年代を追って見ていただく特別展を開催いたしました。

展示の概要は、下記のリンクをご覧ください。

ページのTOPへ